君はどこにでも行ける

ホリエモンこと堀江貴文さんの著書「君はどこにでも行ける」を読みました。堀江さんが訪ねたアジア諸国の現状についてと、今の日本がどうなっているか、これから日本に生きる若者はどうしていけばよいかなど堀江さんの視点から書かれたビジネスエッセイと言うような本です。 一番印象に残ったのは、アジア諸国と... Read More