乃南アサさんの「詐欺師」にとても共感しました

乃南アサさんと言えば、どちらかというと日常の恐怖を小説にしている人ですが、この「詐欺師」という小説は、ちまたに良くある話という感じでした。 たくさんの女性を騙す男が主人公なのですが、この男、カツラを何個も持っていたり、名刺もさまざま、靴もシークレットブーツとあらゆる嘘で固め、女性を手玉にし... Read More