きらびやか、だけど恐ろしい「宵山万華鏡」

「宵山万華鏡」は、その名の通り宵山祭りをテーマにした、連作短編集です。森見登美彦先生の作品らしく、これも京都が舞台。 心踊る祭りの雑踏で起きる、不思議で、そして恐ろしい出来事たち。 主人公は各話ごとに変わり、彼らの経験を合わせることで、真相が見えてきます。例えば、バレエの帰りに祭りを覗いた... Read More