花世の嫁入り「新・御宿かわせみ 花世の立春」

明治のかわせみも、本作で三冊目。 今回は、亡き源三郎の息子・源太郎が、長年の恋の相手・花世と祝言を挙げます。 小さい頃から名コンビだった二人。江戸時代なら身分差があり、決して夫婦になれなかったけれど、明治の今なら問題ありません。 維新の、良かった点ですね。 人によっては、維新のせいで不幸に... Read More