お江戸版ローマの休日?「御宿かわせみ 夜鴉おきん」

本作は、御宿かわせみシリーズの十二冊目です。平岩弓枝先生著。 素晴らしい短編が沢山収録されていますが、特に私が好きなのは、「岸和田の姫」。 殺人事件も起こらず、ほのぼのと可愛らしいお話です。 主人公の武士・東吾は、恩師の見舞いで草深い代々木野を訪れます。 その時、道端で苦しんでいる若い娘を... Read More