江戸も現代も変わらない、陰惨な児童虐待「御宿かわせみ 鬼女の花摘み」

本作は、かわせみシリーズの三十冊目。 子供世代が主人公の話も増え、かわせみ世界がどんどん広がっています。 表題作も、少年二人が主人公。 しかし内容は、現代にも繋がる悲惨な児童虐待がモチーフ。 主人公と親友の息子、麻太郎と源太郎は「お神酒徳利」と呼ばれるほどの仲良し。 二人は大好きな東吾に、... Read More