小説、夜市

夜市が面白かったです。 ホラー小説なのに怖い感じが無くて、不思議の国に行ってしまった主人公みたいな感じでした。 ホラー小説にありがちな人が理不尽に殺されたり復讐したり等という感じのホラーではなかったので少し肩透かしを食らった気分でしたが、こういうファンタジー系の小説が大好きなので、すらすら... Read More

人情溢れる小説「御宿かわせみ」

「御宿かわせみ」は、平岩弓枝先生の時代小説です。何十巻も続く大河シリーズですが、その中で一話だけ推すとしたら、私は一巻収録の「秋の蛍」でしょうか。 かわせみは、亡き鬼同心を父に持つ女性・るいが始めた宿。番頭は元岡っ引きだし、恋人の東吾は剣の達人で、役人の弟です。 そんな宿にやってきたのは、... Read More

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙を読んで

「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」は、そのタイトル通り社長の父がこれからその座を継がせようとする息子へ送ったそれぞれの手紙の内容を本にしたものです。 息子が社会人となって父親の会社に入り、最終的にそこの社長となるまでその段階ごとに手紙は送られていて、 その全てが息子への愛に溢れて... Read More

角田光代の彼女のこんだて帖

料理や食べ物の話が好きな人には是非すすめたい小説が角田光代の彼女のこんだて帖です。 食事や料理にからめて短編小説が何点か入っています。 1話ごとに登場人物が変わるのですが、文庫1冊よみすすめていくと各章にでてくる登場人物が少しずつかかわりあってきたり他の登場人物の話の中で後日談がかたられて... Read More

インドなんて二度と行くか!ボケ!!……でもまた行きたいかも。

皆さま旅行は好きですか?  「行きたいけど時間もお金もなくて…」なんて人は多いですよね。私もそうです。そんな時、ガイドブックや旅行エッセイを読んで見知らぬ土地に思いを馳せ、せめて旅行にいった気分に浸りたい…!  そんな人に絶対におススメ”できない”旅行記が【インドなんて二度と行くか!ボケ!... Read More

モブサイコ100

この作品は超能力者である影山茂夫(通称モブ)が活躍します。学園漫画ですね。実際に強敵を超能力で倒していきます。モブは作中で最強の能力を持っていますが、優しい性格のために相手に超能力を向けることが出来ません。 このような背景で、敵の超能力者がやってきます。それを倒すことで漫画は進んでいきます... Read More

学生時代サークルに打ち込んでいた人必読!有川浩『キケン』

この小説にはとある工学系大学の機械制御研究部(略して「機研=キケン」)というサークルで巻き起こる様々な出来事が綴られていますが、総じて思うのは「皆、アツい」ということです。 自分も学生時代部活動・サークルに属していたので、みんなでワーッとひとつのことに盛り上がるという感覚が非常に共感できま... Read More

どんな本でも大量に読める「速読」の本  宇都出雅巳

読書好きな方なら、「もっと早く本を読めるようになりたい!!」と、一度は思われたことがあるかと思います。 そんな方にはこの ~どんな本でも大量に読める「速読」の本~」 が一番オススメです。 私も読書が好きで、「いっぱい本を読みたい!」「けど忙しい(泣)」という問題に日々悩まされていました。ど... Read More

乃南アサさんの「詐欺師」にとても共感しました

乃南アサさんと言えば、どちらかというと日常の恐怖を小説にしている人ですが、この「詐欺師」という小説は、ちまたに良くある話という感じでした。 たくさんの女性を騙す男が主人公なのですが、この男、カツラを何個も持っていたり、名刺もさまざま、靴もシークレットブーツとあらゆる嘘で固め、女性を手玉にし... Read More

人気漫画NARUTOについて

忍者漫画として世界からも人気の高いNARUTOは、九尾という化け物がNARUTOの中にいるということで、周囲からのけもの扱いにされますが、忍道の諦めないど根性で、周囲の人たちの考えを変えて、里の長である火影を目指す物語です。NARUTOの魅力の一つに、キャラクターが繰り出す技が豊富にあると... Read More