孫を想う祖父の情愛「御宿かわせみ 犬張子の謎」

本作は、お馴染みかわせみシリーズの二十一冊目です。

表題作は、職人の祖父が孫息子に向けた慈愛に、心打たれる傑作。

ヒロインのるいさんが、出先で買い求めた可愛い犬張子の玩具。

ところが、特注品と間違えたとかで、職人の老人がわざわざ交換に来ました。快く応じたものの、どこが特別仕様なのか不思議に思う面々。

それから少し後、あの老人が斬り殺されたとの知らせが。

犬張子ひとつを持って、主人公の東吾に、何かを相談しようとしていた様子。

そして葬儀の日、今度は職人の娘が絞殺され、部屋には何かを探した形跡が……。

このままでは、残された孫の徳太郎が危ない。

彼を探して走る東吾ですが、向かったかわせみでは、ならず者達とかわせみ関係者の激しい戦いが始まっていました。

祖父を亡くした徳太郎が、小さいのに、母に言われた道を必死に逃げる姿に涙を誘われます。

ならず者は捕まり、母親を殺した犯人も判明しますが、そこには大店の後継者争いが……。

徳太郎は、亡き大店主人の隠し子だったのです。

それを証明する証を、祖父は驚きの場所に隠していました。

職人か、大店の主人か。孫の幸せは何か悩み、可愛らしい玩具に託す祖父の想いに打たれます。

徳太郎がまた、祖父想い、母親想いの良い子で……。

かわせみシリーズの中でも、特に好きな話です。