恐ろしい逆恨み「御宿かわせみ 初春弁才船」

本作は、御宿かわせみの二十九冊目です。

個人的に、特に印象的なのは「丑の刻まいり」。

かわせみの女中のお石を訪ねてきたのは、同郷の女性・おうのさん。

江戸で嫁いだものの、理不尽な姑に言いがかりをつけられ、叩き出されたのだとか。

近所の神社で深夜、藁人形に釘を打つ、丑の刻まいりをする女が目撃されます。

そこに残されたのは、姑と同じ干支を示す紙。

お前があたしを呪っていたんだろうと決めつけ、近所に言いふらした挙げ句、おうのを追い出した姑。

すでに帰る家も無い彼女は、途方に暮れてお石を頼ったのです。

事情を聞いて同情するも、よその家に立ち入る訳にもいかず……。

心配するかわせみメンバーですが、おうのの亭主が、家を出る決意をします。

養子で、子供の頃から義母に理不尽な扱いを受けていた彼は、妻や子供達の為にも、養家を出る決心をしたのです。

祝福され出発したおうの夫婦ですが、その夜、姑が死体でみつかり、夫婦に疑いがかかります。

おうの夫婦の為に犯人探しをしたところ、それは意外な人物でした。しかも例の、丑の刻まいりの女で……。

どこまでも我が儘で、反省しなかった姑。彼女の底知れない悪意が恐ろしく感じます。こんな年寄りにだけは、なりたくない……。