お晴登場「御宿かわせみ 小判商人」

御宿かわせみの三十三冊目。

贋金造り一派と戦う表題作も良いですが、新レギュラー・お晴登場の「稲荷橋の飴屋」もオススメ。

お石が寿退職したので、お吉の姪の紹介でやって来たのが、まだ十四歳のお晴。

天涯孤独だけど、頑張り屋のお晴は、主人の娘である千春と早速馴染みます。

千春のお稽古の供になった彼女は、稽古が終わるまで、近くのお地蔵さまで待つことにしました。

その地蔵を管理しているのは、小さな飴屋の老婆。

ですがある日、千春とお石は、老婆が小さな子供を折檻している場面に出くわします。地蔵の賽銭を盗もうとしていたから、と言いますが、お晴はショックを受けて……。

二人から話を聞いた大人達も、気になるものを感じます。

そんなある日、折檻された子供の親が、地蔵を川に投げ込もうと暴れます。

地蔵の下からは、たくさんのお金が……。

老婆の亡き夫は、凄腕のスリだったのです。

悪行が暴かれ、年をとってから島流しになった老婆。

悪行は許せないけど、自分が老婆を気にしたせいで、一人のお年寄りが捕まった……。複雑な気持ちを持て余す、お晴。

それにしても、老婆が身分不相応な高級魚を食べていることに気付いたり、かわせみメンバーらしい観察力を発揮するお晴。

老婆が苦しい生活をしているのでは?という、優しさからした行動ですが……。

それが、相手の悪事を暴くキッカケになってしまったのは、なんとも皮肉です。

おじいちゃん、おばあちゃんに育てられた、お晴ならではの行動でしょう。