「それからの三国志」を強く勧められる理由

三国志について多くの作品は諸葛亮の死をもって実質的な終了となっており、その後については形式的にあっさりと触れるだけとなっています。
しかし、当然歴史は続いていき晋建国まで様々なドラマがあったはずです。
そこについて詳しく知りたくてこの本を読んだのですが、それまで思っていた事実と違うことがあったり、国に最後まで忠義を貫き敵を欺くために偽りの投降をする名将の生きざまを見ることができたりでとても面白かったです。
読むまでは諸葛亮の死で蜀は支えを失ってあっさり滅亡したと思っていたのですが、実際は30年よく持ちこたえていたのだなと意外な事実を知れました。
また、蜀を滅ぼした魏も将軍同士の手柄争いでゴタゴタして、そこに蜀の姜維がクサビを打ち込むなど人間らしいドロドロのドラマがあって、歴史を知るだけでなく読み物としても上物でした。
特に、有能な司馬昭が皇帝になるための様々な障害を取り除いてあと一歩という所で病に倒れた場面は非常にもったいなく哀れな思いを抱きました。
このように三国志全盛期に引けを取らない人間ドラマを味わえますので、私と同じように諸葛亮の死後についても詳しく知りたいと消化不良になっている三国志ファン全てに強くお勧めできます。